ホーム  >  知遊のご紹介  >  知遊vol.24のご紹介

知遊vol.24のご紹介

知遊vol.24のご紹介

知遊vol.24(2015年7月5日 発行)

バックナンバーはこちら

【知遊の人】

「インタレスト」がわたしの原点です
好奇心と想像力いっぱいの八九歳

安野光雅(画家、絵本作家)

【一枚の絵】

ロダンの三作品が勢ぞろいした背景
・白樺派の熱狂がそこにあった

柳沢秀行(大原美術館学芸課長)

【磯田道史の 古文書蔵出し話 お蔵入りの扉を開く】

「もし……ならば」と考える反実仮想に学ぶ
・教科書型秀才の判断力貧困時代に

磯田道史(歴史学者、作家、静岡文化芸術大学教授、本誌編集委員)

【囲碁と読書は友だち】

呉清源先生の恐るべき集中力と天賦の才
・牛栄子、一五歳の最年少女流棋士誕生を祝う

マイケル・レドモンド(プロ棋士・日本棋院九段)

【動物行動学の視点】

次世代を担う「子供」について考える
・彼らが、未来をつくる

今福道夫(動物行動学者、京都大学名誉教授、本誌編集委員)

【名著探訪】

耕す文化の時代
・セカンド・ルネサンスの道

木村尚三郎(前東京大学名誉教授、前本誌編集委員 2006年逝去)

【仲代達矢の 無名塾へようこそ】

芝居はもう一つの現実を見せるもの
そこに嘘がないから感動できる
ゲスト 萩本欽一(コメディアン)

仲代達矢(俳優、無名塾主宰、本誌編集委員)

【ヒューマンドキュメント・医療機器を開発した人たち】第24回

医療機器産業への参入を成功させる
医工連携「製販ドリブンモデル」開発物語

福山 健(カワニシホールディングス社外取締役)

安野光雅さん

特集記事

安野さんは、島根県津和野町出身の画家・絵本作家です。その豊かな好奇心、想像力をもとにつぎつぎと作品を発表し、国際アンデルセン賞、紫綬褒章を受賞するなど、国際的に高い評価を得ています。
89歳にしてなお好奇心と想像力に溢れる安野さんに、お話を伺いました。

バックナンバーのご紹介

ページトップへ戻る