ホーム  >  知遊のご紹介  >  知遊vol.27のご紹介

知遊vol.27のご紹介

知遊vol.27のご紹介

知遊vol.27(2017年1月5日 発行)

バックナンバーはこちら

【知遊の人】

妻もイキイキ、夫もイキイキ「わが道を行く」
・講談界のおしどり夫婦の物語

宝井琴梅(講談師)・宝井琴桜(講談師)

【一枚の絵】

「強烈で複雑な自我」を盛り込む器を探す
・岸田劉生《童女舞姿》

柳沢秀行(大原美術館学芸課長)

【磯田道史の 古文書蔵出し話 お蔵入りの扉を開く】

江戸の古文書情報が教えてくれる防災の知恵

磯田道史(歴史学者、作家、国際日本文化研究センター准教授、本誌編集委員)

【特別寄稿】

私がたどった金融政策への道
・一九六七年から二〇一六年までの五〇年間に学んだこと

黒田東彦(日本銀行総裁、前本誌編集委員)

【囲碁と読書は友だち】

アイザック・アシモフの「ファウンデーション」が語る
未来の創造力

マイケル・レドモンド(プロ棋士・日本棋院九段)

【仲代達矢の 無名塾へようこそ】

撮影現場は怖いくらいの緊張感に満ちていた。
その必死さから生まれたのが、「羅生門」や「乱」です
ゲスト 野上照代(元黒澤プロダクションマネージャー/黒澤映画の伝承者)

仲代達矢(俳優、無名塾主宰、本誌編集委員)

【動物行動学の視点】

人口増加と農業・食糧について
・「二〇五〇年の苦難」を乗り越えるために

今福道夫(動物行動学者、京都大学名誉教授、本誌編集委員)

【ヒューマンドキュメント・医療機器を開発した人たち】第27回

山梨大学「医療機器設計開発人材養成講座」
(やまなしものづくり産業雇用創造プロジェクト)担当、望月修一・特任教授(PART2)

福山 健(カワニシホールディングス社外取締役・独立役員)

野上照代さん

特集記事

「あら、仲代さん、おしゃれな服着ちゃって! 着替えてこなきゃいけないかな、私」「野上さんこそ、いつも素敵な服装で現れるじゃないですか。私はおしゃれなんかしてないよっていう雰囲気なのに、じつはすごくセンスがいいんだ」
対談直前、無名塾の稽古場で再会したお二人の会話はこんなふうに始まった。六〇年近いおつきあいである。野上照代さんは、日本映画の近代史の現場をずっと見てこられた生粋の映画人。今号の「無名塾へようこそ」は、塾頭・仲代達矢さんたってのご希望で、野上照代さんをお招きしました。

バックナンバーのご紹介

ページトップへ戻る