ホーム  >  知遊のご紹介  >  知遊vol.29のご紹介

知遊vol.29のご紹介

知遊vol.29のご紹介

知遊vol.29(2018年1月10日 発行)

バックナンバーはこちら

【知遊の人】

石坂浩二(俳優)

作品に恵まれた役者人生も半世紀
やるべきことは、まだ…

【磯田道史の古文書蔵出し話 お蔵入りの扉を開く】

自分で自分の限界をつくらない男・西郷隆盛

「自分を檻に閉じ込めない」ために

磯田道史(歴史学者、作家、国際日本文化研究センター准教授、本誌編集委員)

【一枚の絵】

頭蓋骨や一輪の白い花は、なにを語る?
この絵のモチーフを意味づけることはむずかしい

パブロ・ピカソ《頭蓋骨のある静物》

柳沢秀行(大原美術館学芸課長)

【囲碁と読書は友だち】

学生たちに囲碁から「筋」を学び、戦略的発想を身につけてほしい

マイケル・レドモンド(プロ棋士・日本棋院九段)

【仲代達矢の無名塾へようこそ】

志麻さんは、「役者の血」がからだの中に流れている、
日本一色っぽい女優です

ゲスト 岩下志麻(女優)

仲代達矢(俳優、無名塾主宰、本誌編集委員)

【動物行動学の視点】

なぜ動物たちは集まるのか

「群れ生活者」と「単独生活者」

今福道夫(動物行動学者、京都大学名誉教授、本誌編集委員)

【ヒューマンドキュメント・医療機器を開発する人たち】第29回

日本独自の医工連携人材育成プログラムを立ち上げる

谷下一夫・慶應義塾大学名誉教授・日本医工ものづくりコモンズ副理事長

福山 健(カワニシホールディングス社外取締役・独立役員)

石坂浩二さん

特集記事

「知遊の人」に石坂浩二さんをお招きしました。
石坂浩二さんは、映画「金田一シリーズ」や、NHK大河ドラマ「天と地と」「元禄太平記」「草燃える」、 昨年話題となったテレビドラマ「やすらぎの里」等で主演されました。
映像も舞台も、作品を仕上げるのは、ビジネスプロジェクトを完遂させることと同じです。
「仲間がいて、自分がいる。だから仕事をやり通せる」。これが、石坂さんの主張です。
多くの素敵な仲間に囲まれた役者人生についてお話をうかがいました。

バックナンバーのご紹介

ページトップへ戻る